top of page

相談のモデルケース:ゲーム依存の若者

相談の内容:夜通しオンラインゲームに熱中し、日中は睡眠で過ごす生活を送る大学中退の息子。彼の生活リズムは完全に逆転しており、親とのコミュニケーションも断片的です。両親は息子の行動パターンに悩まされており、彼の健康と将来の自立のためにゲーム依存を克服する支援をどう導入するか、またそのための財政的な準備について相談しています。





事例の場合のアプローチの方法:

心理的サポートの組み込み: まず、息子さんがゲームにどのような意味を見出しているのか、ゲームをすることでどのような感情や充足感を得ているのかを理解することから始めます。カウンセリングを通じて、彼の内面的な動機とゲームに対する依存の根底にある心理的な要因を明らかにし、それに対処する方法を一緒に探っていくことができます。

経済的自立に向けたプランニング: 息子さんの経済的自立に向けて、小さなステップから始めることを提案します。例えば、パートタイムの仕事を始める、趣味を活かした小さなビジネスを立ち上げるなど、彼がやる気を出せるものから徐々に取り組ませていくことが効果的です。これにより、彼の自己効力感を高め、社会との接触を促進します。

家計管理への取り組み: ご家族には、家計簿をつけて支出を管理することを勧めます。息子さんがゲームに使う金額に上限を設けることで、彼に財政的責任感を持たせることができます。また、家計管理を通じて、息子さんが自分の金銭管理能力を身につけることができます。

時間管理のサポート: 息子さんが日中に活動的になれるような生活リズムを作るためには、家族全員でのルーチンの確立が役立ちます。例えば、共通の食事時間を持つ、一緒に軽い運動をするなど、規則正しい生活リズムをサポートする活動を取り入れます。

長期的な目標設定: 最終的には、息子さんが自分自身で将来に向けた目標を設定できるように導きます。ファイナンシャルセラピーでは、彼の価値観や目指すべき方向性を明確にし、それに向けた具体的な行動計画を一緒に立てることができます。 息子さんのゲーム依存を解決するためには、単に経済的な面からだけでなく、彼の心理的なニーズにも配慮した包括的なアプローチが必要です。家族全員が協力して、健全な生活習慣と財政管理をサポートする環境を作ることが、彼の自立に向けた第一歩となるでしょう。


相談の具体的な進め方

カウンセラー:こんにちは。お越しいただきありがとうございます。今日はどのようなお悩みをお持ちですか?


父親:こんにちは。実は、うちの息子がゲーム依存で、夜遅くまで起きていて、昼間はずっと寝ています。社会とのつながりも薄れていて心配なんです。


カウンセラー:息子さんの状況についてお話しいただきありがとうございます。まず、息子さんがゲームに対してどんな感情を持っているか、そしてゲームをすることで得ているものは何かを理解することから始めましょう。息子さん自身も一緒にセッションに参加していただけますか?


息子:はい、参加します。ゲームをすると楽しいし、現実から逃れられる気がします。


カウンセラー:その気持ち、とてもよくわかります。ゲームがあなたにとって安心感を与える場所であることを理解できます。では、ゲーム以外で興味を持てることはありますか?


息子:昔はプログラミングに興味がありましたが、最近はあまり…


カウンセラー:それは素晴らしい興味ですね。そのスキルを活かす方法を一緒に考えてみませんか?たとえば、パートタイムでプログラミングの仕事を探す、または小さなプロジェクトを始めてみるなどです。


父親:それはいいかもしれませんね。費用の面ではどうすればいいでしょう?


カウンセラー:まず、家計を見直し、息子さんの活動に割り当てられる予算を確定させましょう。また、息子さんにもお小遣いの管理から始めて、金銭感覚を養うことをお勧めします。


息子:自分で管理するのはいいかもしれません。試してみたいです。


カウンセラー:その意欲は非常に大切です。そして、生活リズムを整えることも重要です。夕方起きるのではなく、朝起きて日中活動することで、体のリズムも整い、気持ちも前向きになれるでしょう。


父親:確かに、それは息子にもいい影響を与えそうです。


カウンセラー:最後に、息子さんが目指す方向性を一緒に考え、小さな目標から始めていくことが重要です。目標を達成するたびに自信がつき、自立への道も開けてきます。


息子:やってみます。目標を持つのは久しぶりなので、少しわくわくしますね。


カウンセラー:それは素晴らしいスタートです。私たちはその一歩一歩をサポートしていきますので、一緒に頑張りましょう。


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

引きこもり、お金の不安を解消する『未来ライフプランニング』事例

モデルケース(仮:実際のケースではありません) 本人:23歳、中学、高校、大学と友人はそれほど多いわけでは無かったが、就職活動の失敗を機に、徐々に引きこもるようになってしまった。夜中はオンラインゲームをずっとしているようで、朝方眠って、夕方くらいに起きている。食事は冷蔵庫に常に準備をしているので、家族が外出している間に電子レンジで温めて食べている。 父親:58歳:会社員、年収600万円程度 母親:

未来ライフプランニングの具体的な内容

引きこもりのご家族をもつご家庭に向けた将来家計診断です。ご両親の不安をきっかけに、ご家族全体で引きこもり克服についてのきっかけにして欲しいという思いからサービスを開始しました。

Comentarios


bottom of page