top of page

ファイナンシャル・セラピー(金融療法)について

更新日:2023年2月10日

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの内です。


当FP事務所では、近年、アメリカで急速に注目が高まっている『ファイナンシャル・セラピー』のサービスを提供しています。



『ファイナンシャル・セラピー』それは、『ファイナンシャルプランニング』×『心理療法』



従来の、フィナンシャルプランニング、例えば、保険の見直し、投資に関する相談、ライフプランニングについての相談(家計診断)に関する悩みを、心理療法の分野、例えば、来談者中心療法、認知行動療法を利用しながら、なるべくお客様の心理的な不安、ストレスに配慮しながら解決していく取組みです。


私はファイナンシャルプランナーとしてFP事務所を運営しながら、心理カウンセリングを行なうカウンセリングルームを運営しています。


来談者中心療法はカウンセリングに訪れたクライエントに対して受容的(広くあなたを受け入れますという態度で)に傾聴(しっかりと心に寄り添いながらお話を聴きます)することを最大の特徴としています。とかく、指導的・教育的なアプローチになりがちなファイナンシャルプランナーのアドバイスとはまったく逆のアプローチです。



また、認知行動療法とは認知(ものの考え方、とらえ方)に働きかけて気持ちを楽にする心理療法です。長い生活の中で凝り固まってしまっている考え方(誤った方向に向いている思い込みなど)を様々な技法を使うことによって、バランスのとれた考え方に修正し、ストレスに上手に対応できるこころの状態をつくっていきます。お金の関する様々な問題に対する考え方が、本当に正しいものなかを確認し、必要に応じて修正しながら、全体の問題の解決に向けて一緒に進んでいくことができます。


初回面談は30分無料です。


『ファイナンシャル・セラピー』。是非、ご体験ください。





 

閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

引きこもり、お金の不安を解消する『未来ライフプランニング』事例

モデルケース(仮:実際のケースではありません) 本人:23歳、中学、高校、大学と友人はそれほど多いわけでは無かったが、就職活動の失敗を機に、徐々に引きこもるようになってしまった。夜中はオンラインゲームをずっとしているようで、朝方眠って、夕方くらいに起きている。食事は冷蔵庫に常に準備をしているので、家族が外出している間に電子レンジで温めて食べている。 父親:58歳:会社員、年収600万円程度 母親:

bottom of page